TOP > ARCHIVE - 2006/08



スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


THEME | GENRE |
スポンサー広告

COMMENT LIST

愚痴 
最近RFのモチベ下がり気味だったりします。



46なっただけで特に変化ないわけで、ソロで47ダッシュのためにアサシン殴ったりするだけ。

なんというか、熟練という目標もないので、するがないです。

やることがない、することないという風に言ってる人だとかに引きづられてる部分も多少。実際できること少ないですし。

とりあえず防御上げは頑張ろうとは思いますが、上がりにくいしやってるうちにどんどんやる気がなくなっていくって感じです。

防御上げ考えると、1発25もらえるけど痛い相手よりは1発5でも痛く防御熟練もらえるぎりぎりのダメのやつ×5のほうが、お得だったりします。

ブロック考えるとどっちもどっちとは思いますが、やっぱり赤字熟練は辛いです。熟練上げなのだから赤字でもいいんですが、装備UPGするためとか、TMでお手ごろ価格の欲しいものあったときにお金はとっておきたいと思う貧乏性なので、赤字だとしてもできる限り±0に近づけたいんです。

エランだと、回避型だと全然避けれずにかなり痛い思いをすることらしいので、防御型で防御特化クラススキルのあるシルマイは多少期待されるのでしょう。
結構それなりの人から頑張れと言われたりしますが、やる気下がり気味でアサシンで47目指す人ですからあんまり期待されても、、てとこあります。




閑話休題

最近、兄からD&Dのオンラインがどうとか言われてます。

D&Dで検索してもらえれば分かりますが、元はダンジョンズアンドドラゴンズという名前のアメリカ産TRPGです。
TRPGという言葉も検索してもらえれば分かると思います。

すべてのRPGの元となった、という宣伝文句ですが、多少の誇張あるものの、概ねその通りかと。

ちょっと前までTRPGはやってました。環境変わって縁がなくなりましたがね。
最近ではほとんどやってません。
D&DのTRPGも何度かやったことはありますが、GMによって良い悪いが決まるTRPGであまりいいほうとは言えないGMにあたったD&Dにはいい思い出なかったりします。
無駄に凝りすぎなのはアメリカ産の特徴ですかね?

と、まぁ元のモノがあまり好きではないのですが、回線握ってるの兄なので、イチオウプレイはしてみようと思います。
しばらく無料ですし。

RFのモチベダウン回復させれるような気分転換になることを願って、今日はこれで以上。

Close・・・↑

スポンサーサイト

THEME | GENRE |
RF | TB : 0 | CM : 0 - | Top▲

COMMENT LIST

砂漠戦 
深夜、アクが砂漠で大暴れってことでいってきました。



この手のは放置が一番なんでしょうが、こういうの嫌いじゃありません。
てっか好きです。

でも、アクポタまで行って居座るのはどうかな、と。

どう考えても死に戻りオンラインできるアクが有利なわけで。

ついでにいうと、CG構えたままポタ移動すると、移動後も構えてるわけですよ。

つまり、ポタ移動後構える手間要らずでCG撃ち放題。

砂漠ポタもGT設置したらどうですかね?とりあえずメールしてみます。

そうなればポタ封鎖はありえなくなるわけですし。

今回の場合、アクを遺跡より奥に行かせなければいいわけですよ。

何重にも防衛ライン構えれるわけではないので、そうなると戦いやすい場所を選ぶ必要あると思うんです。

となれば、選ぶ場所としては、遺跡のアク側の門あたり。

CG構えてる以上、移動できないわけですから、突っ込んできたやつから潰していって、その後突撃などなど。

さらに、アクポタ追撃も、ポタが見える範囲まで行って引けば、戻らずこっちくるバ○います。死に戻りと合流して勢いある場合には、遺跡前まで戻って洞窟入り口あたりで突撃敢行すれば彼我戦力比次第ですが、散らせます。

砂漠戦において、自軍戦力を一定数確保し続けることが重要だと思います。
つまり、死に戻りと合流しつつ、相手にはさせず、みたいな。

ま。理想ですがね。

こういう明確な終わりのないのは相手の戦意なくすのが一番かと。

アクで特に意地になるのってポンコツくらいでしょうし。

まぁ、自分は早めに撤収しました。

今これを書いてる間もまだ続いてるんかなーとか思いつつ、これにて〆。

Close・・・↑


THEME | GENRE |
RF | TB : 0 | CM : 0 - | Top▲

COMMENT LIST







| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。