TOP > ARCHIVE - 2008/08
2008 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 09



スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


THEME | GENRE |
スポンサー広告

COMMENT LIST

花火 
ちょっと愚痴になるけどひとつ。

今日比較的近所なところで花火大会がありますってかありましたってか現在進行形でやってます。(これ書いてる19時半現在)

基本的に私は花火とか夏祭りとかは嫌いです。
なぜかっていうのは愚痴っぽくなるので続きに

書きたいことは、なぜ花火は夏の風物詩なのか、です。
冬じゃいけないのか、とかまぁいろいろ。気になるなら続きどーぞ。



えーと。まず暑いのが嫌いです。人多いのも嫌いです。人が密集するところなんて大嫌いです。

夏の人の集まるところといったら、大嫌いなところNo1です。

ついでに言うと、今日の会社帰りに比較的近所でやってる花火大会に行く連中と帰りの電車がバッティング。超のつく満員電車でした。
普段はこの時間だともうちょっと快適なのに。
暑いわ、人多いわ、人密集してるから余計暑く感じるわ、でいいことなし。

平日に花火大会なんて非常識なことはやめてください。
世間一般では夏休みかもしれませんが、夏休み楽しんでる人口よりも平日仕事な人の人口のほうが多いのに、なぜ世間一般では夏休みなのか、と。
とまぁここまで愚痴。

ここらから本題。
そもそもなぜ、花火は夏の風物詩なのか、ってことです。
ぶっちゃけ、冬のほうが空気澄んでるし、天気的なこといえば日本の6割では冬も夏も天気あんまり変わりません。雨天中止なんて事態になる確率も夏も冬も大差ないって言えるんじゃないでしょうか?
ならば、空気澄んでいる冬のほうが花火は綺麗に見えるはずです。

では、なぜ夏なのか。
日本の一般的なイメージとして、花火=夏です。
夏=だと色々ありますが、そのうちに確実に花火は入っています。

欧米では花火はオールシーズンです。だからいつやってもOK。
近所の中国とかでは、花火よりも爆竹のほうが人気あります。
ではなぜ日本は夏に花火なのか?
気になってちょっとだけ、本当にちょっとだけ調べてみました。
こういう時に役立つのはあの方。
そうWikipedia先生。

どうでもいいこと色々書いてたけど知りたい事に関しては3行だけ。
つーか、その3行のうち、1行目の半分だけにしかなかったですね。
で、その3行がこれ

日本では、花火の消費は夏に集中しており、そのほかの季節はあまり需要が無い。これは、花火が川開きに使用されていた名残だといわれている。一方、諸外国では年間を通じて消費されており、日本でも近年では、自治体の緊縮財政などで消費が伸び悩んでいる打ち上げ花火を中心に、年間を通した小口での販売を行う業者が出てきている。

川開きが諸悪の根源だそうです。

ついでにこんな一文も。

記録ではっきりわかる最も古い花火大会は、隅田川花火大会(両国川開き)である。

はい。川開きなんですね。

まー。見て思ったけどどーでもいいですね。
これも1説に過ぎないと思っているので、もっと詳しい人いたら教えてください。
お礼はできませんけど、感謝の気持ちは伝えれます。

Close・・・↑

スポンサーサイト

THEME | GENRE オンラインゲーム |
その他 | TB : 0 | CM : 0 - | Top▲

COMMENT LIST







| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。