TOP > スポンサー広告 > Title - 因果関係TOP > その他 > Title - 因果関係
2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10



スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


THEME | GENRE |
スポンサー広告

COMMENT LIST

因果関係 
読んで字の如く、原因と結果の関係。
これについてちょっと思う事あるので、書きます。

興味ある人だけ続きどうぞ。
ちなみに割と長文です。
文章のみの。

まずは辞書的な意味から。

【因果】
(名)
(1)原因と結果。
「―関係」
(2)〔仏〕
(ア)今ある事物が以前の何らかの事物の結果であり、また将来の何らかの事物の原因であること。
(イ)自分のなしたよい行為や悪い行為に応じて、それに相当するよい報いや悪い報いがあること。
(ウ)現在の不幸は、前世での悪業によっているということ。
「これも―とあきらめる」

【因果関係】
いくつかの事柄の関係において、一方が原因で他方が結果であるというつながりのあること。

goo辞書 三省堂提供「大辞林 第二版」より

自分の解釈と辞書的な意味にそれほど違いはないです。

原因(根拠)がこうであるから、結果(結論)がこうなる。
とも使えると考えています。

ニュースなんかでは【見出し】【内容】【結論】
みたいな書き方しますよね。
見出しがいい加減な事についてはまぁよくある話。
しかし、最近のニュースだと内容と結論が結びついてない事が多いです。
まず結論ありきで、内容を選んでいるみたいな印象を受けるニュースが多いな、と。

この内容からどういう根拠でこの結論に辿り着くの?って思う事が多々あります。
結論へ辿り着くまでの経緯がすっぽり抜けてる。

例を挙げると、
今日(1/27)Yahooニュースに「ネットいじめのなくなる授業」見出しというニュースがありました。記事ソースは産経新聞。
めんどくさいので詳細省略、概略のみ。
生徒自身に携帯電話との“付き合い方”を考えさせる授業に取り組んでいる。
授業を受けた学年ではネットいじめがなくなった。
授業について教育関係者からの問い合わせが相次いでいる。
この記事について3行で書くとこうなる。

授業についての概略。
「携帯電話は本当に必要か」。生徒にこうした疑問をパネルディスカッション形式で徹底的に話し合わせた。

この記事の結論としては、ネットいじめがなくなったと言いたいのでしょう。
この授業を行った先生の意見抜粋を読んでも、どこにもいじめがなくなったとも、いじめのために、とも書いてないんですよね。
この先生が行いたかったのは、携帯電話のあり方だとか、携帯電話依存症に対する対策だと思うんです。
どうして、この授業がきっかけにネットいじめがなくなったって言えるんですか?

初めに結論ありき、のニュースについての例でした。

身近な例
MMOに置けるアイテム売買。
基本的に売り手と買い手が納得できる価格であればいくらでもいいと先にいっておきます。
自分は売り茶、買い茶をする場合には、根拠ある値段設定します。
売買問わず、TMのシステム的に5%は手数料で持っていかれます。さらに売れた物の値段は分からない仕様(過去売れた物のログ等が無い)であるので、TMに残っている物は基本売れ残りとなります。だからTMに設定されている価格と同値というのはまずありえません。
1日1回見ていればこれ売れ残ってるなっていうのは分かりますよね。
たとえばTMで100mのアイテムがあるとします。
そのアイテムと同じアイテムを売買する場合、そのアイテムがどの程度売れ残っているかという点を気にします。1週間未満の場合には適正かもね、2週間前後の場合は高いね、1ヶ月以上の場合は展示だね、という具合。
適正であるのであれば5%引くだけ。高い、展示であれば5%と適正価値補正、人気補正付けます。
適正補正は-10~50%くらい。
人気補正はアイテムのレア度やら有用度やら色々が基準。
補正は+-100%以内

ていうか、TMに入ってる品をそのままの値段で売買茶されていればTMで買いますよね。

売買茶した場合、wis来た相手がメインキャラもしくはメインキャラが分かるサブでなければ当然交渉で提示する額も変わりますよね。

話が脱線しましたが、根拠ある値段っていうのはちゃんと付けれます。
あくまで自分にとっての根拠ですが。
相手の提示した額について納得するかどうかは、まず自分の提示額との差額。
次に相手の提示額についての根拠の論理性。相手の信用度ですね。

TMに100mで2週間放置され、需要も枯れかけている装備を70mで買茶した場合、100mって提示されれば帰れ。っていいますよね。80mと提示されれば相手次第で買うみたいな。
ちなみに100*0.95*0.75に端数切って70mっていう設定。


長くなりましたが、結論や結果、成果についてはなにもないところから生まれるものではありません。
それ相応の根拠であったり、論理であったり、過程であったり、努力や根性といったものがあって初めて存在できるものだと考えています。
成果至上主義とかありますが、成果という根拠があって、仕事が回る・回っているという結果がちゃんとあるからこそ、過程無視してもOKっていうんじゃないですかね。
もしくはただ見ないだけ。あるいは見えなくしている。

最近、そういう因果関係を重視しないというかまったく気にしない人増えてませんか?
私はそんな人と打算や利権ありありの状況の中で対等な関係を結びたいとは思いません。
そういう状況、ただ楽しければいいっていうの成立しませんし。
スポンサーサイト

THEME | GENRE オンラインゲーム |
その他 | TB : 0 | CM : 0 -

COMMENT LIST



<<しばらく | HOME | 備忘録とゲーム紹介>>
COMMENT



COMMENT FOAM

SECRET
 




TRACKBACK

TRACKBACK URL to this Entry

<<しばらく | HOME | 備忘録とゲーム紹介>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。